新型コロナウィルスと共に生きる上で大切な栄養のこと

最終更新: 5月22日




新型コロナウィルス感染防止には、①3密を避けること、②今だけ人との接触を8割減らすこと、③十分な手洗いやマスクの着用などが推奨されています。


これらを守ることを前提に、さらに、大切なこと。それは、「カラダづくり」です!!

ウイルスに対する抵抗力を維持し、強いカラダをつくることが、今の時期とても大切なのです。この仕組みを「免疫」といいまずが、免疫能が低下するとウィルスに感染しやすくなります。

従って、極度のストレスを貯めない、十分な睡眠をとる、自宅でできる運動をする、飲酒や喫煙を避けることを心がけ、中でも栄養と食事には十分意識することがとっても大切です!


私達のカラダは食べ物でできています。


毎日とる栄養、食べるものを意識して、新型コロナウィルスにかかりにくい強いカラダをつくりましょう。


ここからは、香川先生がFacebookで発信されている具体的な栄養・運動アドバイスの一部を引用・紹介させていただきます。



<女子栄養大学副学長 香川先生の栄養アドバイス:香川先生のFaceBook より>


急性肺炎など熱性疾患は高蛋白、高炭水化物、高ビタミン食が基本なので、摂取量を下図に示します。




ご存知のように日本では様に蛋白質、炭水化物の摂取量が低下し、低炭水化物食が臨床でも国民の間でも流行していますが、蛋白質を糖新生に消費するので血清アルブミン値が低下し、感染に弱くなります。


また、高齢者が感染で低血糖発作の危険があります。若い女性、高齢者にはBMI※ 18.0以下の人も多いのです。


さらに、日本人は、野菜摂取量が中国の指導の約半分の270gで、白米、白パンですから、ビタミンの多くの摂取量は推奨量を下回って、熱性疾患の場合は低血糖発作があって危険です。


日々のお食事の内容は、上図をご参考にして頂き、是非、日本でもCOVID-19を克服したいものです。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1554496634710312&id=100004499708946


新型コロナウィルスと食事・栄養の情報は、「新型コロナウィルス(COVID-19)を防ぐ栄養学」と題して栄養科学研究所のHPに掲載されておりますので、ぜひ、ご一読ください。

https://www.eiyo.ac.jp/ions/?p=3674


※BMI:Body Mass Indexの略で、世界的に使われている体格指数のこと。一番健康的な指数は、22.0である。


  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン

みんながヒーロープロジェクトは、持続可能な開発目標を支援しています。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止・感染症予防のための予防策に対する正しい情報を若者や中高年世代にお届けいたします。

Copyright © みんながヒーロープロジェクト. All Rights Reserved.