新型コロナ感染症予防の啓発動画とポスター

愛してるならキスはおあずけ

rogo.png

日本中の恋人たちへ「愛しているなら、キスはおあずけ!」それは我慢じゃなくて、パートナーシップの約束。2人だけの大切な恋を育てるために、もうしばらくの間、愛を紡いでいく時間にしていこう。そうすれば、きっと強くなれるよ。この青い地球で巡り逢った尊い絆を思い出にしないために。

(総合プロデューサー 元木 伸一)

動画

red.png
green.png
grey.png
orange.png
purple.png
blue.png

各色のポスターをクリックして、音と動きをお楽しみください。

ポスター

red.png
green.png
grey.png
orange.png
purple.png
blue.png

好きな色のポスターをダウンロードいただけます。

制作協力・有志メンバー

■動画制作

<慶應SFCクリエイティブ集団 sense. >

慶應義塾大学SFC発、映像やデザインなど、デジタルクリエイティブ制作に取り組みたい人が集う学生集団。 主な制作実績に、三田祭2020「LEMIT」、秋祭2019「CONNECT」など。

sense. ホームページ

<sense. メンバーからのメッセージ>

​今回はLive2Dを使用してデジタルポスターの動画制作を担当しました。 一枚の静止画ポスターから、目が開いたり髪が揺れたり、眉や口が動く表現など、Live2Dの強みを生かしつつ、比較的自由に制作させていただきました。 新型コロナウイルス感染症は日々、感染拡大しているのが現状です。人為的な感染を予防することが、少しでも感染拡大を抑えてくれると信じています。一人一人にできることを、積み重ねていきましょう。

(sense.デジタルポスタープロジェクト:クリエーター Noeroti)

今回は頂いたポスターを動かすという初めての試みでしたが,クリエイターを始めとして多くの方の協力で完成させることができました.このデジタルポスター制作は序章にすぎないと思っており,今回繋がった方々と一緒にwithコロナを乗り越える施作を生み出していこうと思っています。

(sense.デジタルポスタープロジェクト:PM 浅野 悠人)

■ポスターデザイン制作

相手を大切に想うからこそ、移さない対策を。ポスターの表現には賛否両論ありました。しかし、議論することで届くものもあると信じています。「手洗いするまでは首から上に触れない」は誰にでもできる確実な感染予防対策です。多くの若い世代にメッセージが届くことを願っています。

(ポスターデザイン 小島けい子)

■音楽制作

<紫、グレー、赤>担当

Keita.JPG

宮原慶太(みやはら けいた)

5 歳よりクラシック・ピアノを習い始め、中学 3 年時に時芸大 3 年生の 坂本龍一の家にピアノを習いに行く。1981 年 1 月に当時NHK「シルクロード」で人気の喜多郎のツアーに参加。1994 年より髙橋真梨子のツアーに参加、年間を通して多数のコンサート、ディナーショーをこなし、コンサート・マスタ ーを勤める。2002 年アルバム「爽」、2010 年アルバム「Internal Message」、2012 年にアルバム「Focus」を発売。また、SK‐Ⅱをはじめとする多くのテレビ CM 音楽を制作、その他アニメのテーマ曲、番組テーマ曲など幅広い分野で多くの作品を作り続けている。インストバンド「Fevbre」(フェイブル)を結成しアルバムを三枚発表、ライブ活動を精力的に行っている他、グループの PV として youtube で自ら撮影編集した動画も多数アップしている。2019 年公開の映画「星屑の町」(主演:のん、太平サブロー、ラサール石井他)では音楽を担当し、劇中の歌の伴奏部分や背景音楽など全般を制作している。

youtubeチャンネル「夢ピアノ~癒しの音楽薬曲」

宮原慶太HP

​若者たちへ

慢性的な報道により「コロナ慣れ」が生じていることで、実数が増えても単なる数値にしか感じなくなっています。しかし、現在感染は広まっています。国内でも最多を更新し続け、医療崩壊がおき始めてます。もう一度初心にもどって感染に向き合っていきましょう。各自の努力の積み重ねが大きな成果につながります。拡大を止めるのはあなたの行動です!!

<緑、オレンジ、ブルー>担当

nishiyama.jpg

西山淑子(にしやまよしこ)

40年余り昭和音楽大学ほかの講師を経て、自宅にて音楽教室『よしこの音楽室』を主宰。音楽指導者。ときどき作曲家、エレクトーン奏者。 エレクトーンを活用したピアノ・ソルフェージュ教育を研究、実践しつつ、エレクトーンによるコンチェルトやオペラ、童謡唱歌の伴奏なども手がけている。 生徒たちのために編曲し続けている、エレクトーン伴奏によるピアノ初心者のためのピアノコンチェルト『エレピアコンチェルト』は現在70曲ほどになっている。 また、音楽指導者や音楽愛好家に向けて、音楽理論(和声など)の指導、ピアノレッスンでのエレクトーンの活用を提案するセミナーも行っている。 そのほか、ライフワークとして、金子みすゞの詩に曲を付け、コンサート『金子みすゞの世界』も各地で開催している。 故郷・伊東では、地元の史実に基づいた新作ミュージカルの作曲に携わり、『青い目のサムライ〜こんにちわ!ウィリアム・ アダムスさん』『ありがとう北里先生〜伊東だけが知っている北里柴三郎物語』『伊東祐親物語』などを発表。

​若者たちへ

コロナの感染は、今、本当に深刻な状況に陥っています。医療崩壊が起きていると言っても良い状態です。発症しても医療を受けられない、助かる命も助からないことになっています。若いから大丈夫!ではありません。「うつさない」「うつらない」ために今一度、気持ちを引き締めて、よく考えて行動して下さい!!

【医学監修】山畑 佳敦(京都府立医科大学 救急・災害医療システム学 講師)

【企画担当】本田 由佳(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任講師)