子どもたちの感染症予防教育のための絵本

ゆうまくんはスーパーヒーロー

このたび、感染症予防教育チーム”みんながヒーロープロジェクト”は、子どもたちの感染症予防教育のための絵本「ゆうまくんはスーパーヒーロー」”読みきかせ版”を企画・翻訳し、上梓いたしました。
「ゆうまくんはスーパーヒーロー」は、ニュージーランドの絵本作家であるフィービー・モリスさんが制作した絵本です。「新型コロナウイルス感染症の予防」について、親御さんからお子様へ、幼稚園・学校等で先生から子どもたちへ、家庭でも教育現場でも楽しく学べる1冊です。

絵本ver.

SuperFelix_Cover_Japanese1.jpg

読み聞かせver.

yuma_yomikikase.jpg

【制作スタッフ】

作・絵 : フィービー・モリス 

日本語訳: 工藤 紀子 

翻訳協力・編集: みんながヒーロープロジェクト(弓倉 整、山畑 佳篤、中村 雅子、本田 由佳、元木 伸一)

絵本の使用に関するお願い

この絵本は、感染症予防対策の普及啓発を目的として配布しています。 絵本をご使用になる場合は、@PhoebeMorris2020 の記載がある表紙を含みご使用ください。絵本の中の数ページのみ使用いただく場合は、@PhoebeMorris2020の記載をお願いします。またイラストを一部を切り取る、変える等、加工して使うのはお控えください。 また、商業目的での販売や再配布を禁じます。

「ゆうまくんはスーパーヒーロー」は、幼児・児童のwell-being力をあげることを目的とした3e健康教育絵本で、人類の歴史の中で繰り返される感染症や非感染性疾患*1(Non-Communicable Diseases, NCDs)予防のために必要なエビデンスのある知識、行動を親子で楽しく学ぶ絵本です。

さらに、evidence(裏付け)、education(教育)、entertainment(楽しさ)という3つの「e」の要素があるソサエティ5.0の健康教育ツールでもあり、日本初・大学発「3eヘルスクリエーション(3eヘルスク)」絵本として、今後、慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアムを拠点に、学校や職域教育分野へ展開される予定です。

※1. 非感染性疾患:世界保健機関(WHO: World Health Organization)の定義で、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒、大気汚染などにより引き起こされる、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したもの。